• NK

賢治祭(岩手県花巻)へ出張演奏します

最終更新: 1月7日


宮沢賢治の命日である9月21日、賢治の故郷である岩手県花巻市では、毎年「賢治祭」が行なわれます。

これに合わせて、「賢治生誕120年記念コンサート」と称して、出張演奏をすることになりました。

200人入る、立派なホールです。

宇都宮例会のメンバーが3人と、他の例会からも1人入り、弦楽四重奏の編成です。

田崎瑞博作曲

「宮沢賢治作詞作曲『星めぐりの歌』による変奏四重奏曲」

全6楽章構成、約50分の大曲です。

本番まであと1ヶ月を切りましたが、作曲者の指導を受けつつ(!)準備します。

チラシ裏面です。

変奏曲の原曲である、宮沢賢治の「星めぐりの歌」の自筆原稿を載せています。

作曲者のコメント、主催者・演奏者の紹介も載っています。

興味を持っていただける方は、ご案内をお送りしますので、ぜひご一報下さい

ポスターを貼ってくださる花巻近隣の方も募集中です。

【本番情報】

9/21(水)13:00〜14:30

宮沢賢治イーハトーブ館ホール(岩手県花巻市)にて

田崎瑞博作曲「宮沢賢治作詞作曲『星めぐりの歌』による変奏四重奏曲」全曲演奏

【賢治祭の献花式でのBGM演奏】

9/21(水)16:00〜16:25

宮沢賢治詩碑前(岩手県花巻市)にて ※雨天時:花巻市立南城小学校体育館

田崎瑞博作曲「宮沢賢治作詞作曲『星めぐりの歌』による変奏四重奏曲」より抜粋

【余談】

今回のチラシのみどころは、椿のさし絵の、葉っぱの部分です。

椿の葉脈は「網状脈(もうじょうみゃく)」といい、羽状脈と違って葉脈の先がくるんと中に戻って繋がっています。

椿のフリーイラストは数あれども、なぜか殆どが羽状脈で描かれています。

今回のコンサートは、主催が株式会社椿で、毎日椿の研究をしている産場長さんも見るので、なるべくよく観察して描きました。

(おかげさまで、産場長からは及第点を貰いました!)

椿の専門家が花を見る際には、この絵のように花芯がすぼまっている方が美しいとされているそうです。

開花したてのものがそうなんでしょうか?図らずもGJでした。


14回の閲覧

© 2016 日本アマチュア演奏家協会 宇都宮例会

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now